Executive
Personal Session
経営者・経営幹部の
ためのパーソナルセッション
身近な人に相談しにくい、個人的な相談事を解決していく安心安全な対話の場
上司・部下との人間関係に困ったり、 疲れたりしていませんか?

私は毎日のように経営者・経営幹部の方からエグゼクティブ・パーソナルセッションを通じてご相談を受けています。

どんなご相談を受けているのか、具体的にご紹介させていただきますね。

部下に『売上げアップの方法』をアドバイスしたり、会社の方向性を伝えたりしてるけど、なかなか思ったように動いてもらえません。
伝わっていないのかよくわかりませんが、反対ばかりされて虚しくなっています...相談させてください。
『自分に自信が無い』タイプの従業員がいます。
この従業員は感情のムラが激しく、いつも励ましてきましたが、少し良くなっては、悪くなっての堂々巡りです。
正直に言うと無限ループにハマってる感じがして、私の方が疲れてしまいました...こんな私って冷たいですか?
対応方法を教えてください。
店長に、店舗のスタッフとコミュニケーションをとるように伝えていますが、店長がなかなか動かないのでイライラしています。
どうしたらいいですか?
仕事が遅い(できない)従業員に、何をどう伝えたらいいのかわからない。
優しく言っても怒っても解決しないです...何か良い方法はありますか?
表面的にはうまくいっていますが、部下と深い対話ができていません。
幹部の結束、ひいては会社の未来に漠然と不安を感じています。
一度、相談させてください
さらに
部下とジェネレーションギャップ(年下、年上問わず)があり、話しても考え方に大きな差を感じるだけです。
そのことで、会議がうまく進行できず、社内の人間関係がバラバラな感じです。
こういうケースでは、どうしたらいいですか?
部下に何かを伝えるときに『これ、言っていいのか?悪いのか?』と、考えすぎてしまいます。
その結果、部下に『何を言いたいのかよくわからない』と言われることが多く、話す気持ちが失せています。
なにが、私の問題なのでしょうか?教えてください。
そして
根本的に『合わない』と感じる部下がいます。
嫌いというわけではないのですが、良い関係を築けているとは言えません。
そして、ここだけの話ですが、話すのも苦痛だと感じています。どうしたらいいでしょうか?
家族経営なので、妻と仕事もプライベートも同じです。
なので会社の経理のことで揉めたりして、妻の機嫌が悪くなると社内の雰囲気ばかりでなく家庭の雰囲気も悪くなり、子供にも悪影響を与えていると思います。
これがストレスの原因になっているのですが解決策を教えてください。
これらのお悩みは相談者の方が、会社の人間関係の中でご自身のあり方に悩んでいる状態です。
こんなお悩みをお持ちだった方がエグゼクティブ・パーソナルセッションを受けて、
私の従業員に対する想いを充分にわかってもらい安心したと同時に、とても嬉しかったです。
私の想いが間違っているのではなく、誤解される伝え方にあったのがわかりスッキリできました!
自分のコミュニケーションパターンを丁寧に教えてもらえたので、これからどうやって伝えていけばいいのか?改善点がよくわかりました。
頭も心もすごくスッキリしています。
田口先生に「部下にどう伝えたらいいのか」を聞いて、教えてもらったとおりにやってみたら本当にうまくいきました。
これまで、話すたびに険悪な雰囲気になっていたのが嘘のようです。
ありがとうございます。
一緒に働いている妻との関係はお世辞にも「良い関係」とは言えませんでした。
それがエグゼクティブ・パーソナルセッションを受けて、LINEの入れ方を具体的に教えてもらいそのまま実行したところ、数分後に返信がありました。
そこには「結婚して初めての妻からの謝罪」があって大変驚いています。
これから夫婦で、改めて協力しながら会社を運営していけそうです!
といった声を届けてくれています。

【エグゼクティブ・パーソナルセッション】(以下、セッション)を受けることで、多くの経営者・幹部の方が部下や上司との人間関係をクリアにしています。

「クリアにする」というのは、いま感じている悩みを減らすことを言います。

セッションを通じて「具体的な対処法」を知ることで、最適な行動を選択できる心理状態になっていきます。

人間関係のお悩みが “クリア”になっていく3STEPとは?

経営者・経営幹部、ビジネスパーソンにとって人間関係のお悩みは、そのまま社内の雰囲気や業績に直結します。
そのため、しっかりと向き合うべき問題です。

問題をクリアにしていくためには何をどうすればいいのか?基礎知識を3ステップでご紹介します。

STEP 01
本音を語り頭の中を整理整頓していく

悩んでいる時は、頭の中がゴチャゴチャしているものです。  

そんな時は、自分自身に簡単な質問を投げかけていきます。質問に答えていくことで「悩みの真の原因は何か?」を理解していきます。  

悩みの真の原因がわかって、初めて最適な対応策が見えてきます。  

・自分に質問する  

・質問に答える  

このシンプルなプロセスの繰り返しを通じて、心と頭が整理整頓されていきます。

STEP 02
心に「ホッとする」安心感を持つ

私達が「怖れ」「不安」「怒り」などのネガティブな感情を感じるのはなぜでしょう?  

それは、「わからない」ことが原因になっています。  

・自分がどうしいのか「わからない」  

・相手(上司・部下)にどうしてもらいたいのか「わからない」  

・なぜ、相手があのような態度をとるのか「わからない」 

 「この会社にいても将来が見えません」と言って退社していく人っていますよね。その方たちも、将来が「わからない」ことによって不安を感じて辞めていきます。  

逆に人は「わかる」状態では「ホッとする」安心感を持てます。悩みの渦中にいる時は、この「ホッとする」感覚から遠いところにいるのです。

心に「ホッとする」安心感を持つためには、現在わかること、すなわち「自分自身」のことにフォーカスしていく力を身につけるのが最善策です。

どれだけ考えてもわからない他人のことではなく、「自分自身」に意識を向けていきます。

STEP 03
適切で具体的な行動をリサーチしていく

自身の頭が整理されて心に安心感を持てると、初めて行動を起こす意欲が高まります。  

しかし、いくら意欲的でも選択する行動が間違っているとお悩みは解決しません。  

例えば、良い関係性を築けていない上司や部下に対して「どう伝えたらいいのか?」という問題に対して、伝え方ひとつとっても、

・直接顔を見て話すほうが良いのか?  

・LINEで伝えたほうが良いのか?  

・電話で伝えたほうが良いのか? 

といったように 「伝える」手段だけでもたくさんあります。  

さらに、具体的な言葉、言葉の順序も含め、問題に対してベストな解決方法をリサーチする必要性があります。リサーチがあってはじめて、相手に届くコミュニケーション方法が選択できます。

経営者・経営幹部のための エグゼクティブ・パーソナルセッション

『エグゼクティブ・パーソナルセッション』とは読んで字のごとく、経営者・経営幹部、ビジネスパーソンの問題を、私と相談者が1対1で対話しながら解決していくサービスです。 

通常はお悩みに対して、60分間で1~2個のテーマを取り扱っています。 

さきほどご紹介したお悩みを解決3ステップ

<STEP  1>

本音を語り頭の中を整理整頓していく 

<STEP 2>

心に「ホッとする」安心感を持つ

<STEP 3>

適切で具体的な行動をリサーチしていく

 を、のべ1,000人以上の経営相談にのってきたプロフェッショナルのサポートを受けながら進めていくサービスです。

 

なお、『パーソナルセッション』というサービスに馴染みがない方から「悩みを相談したいけど、ちゃんと話せるか不安です。」という声をもらうことがあります。 

 

その点は、ご安心ください。 

 

私から、簡単な質問を投げかけることによってセッションをスムーズにガイドしていきます。 

 

部下や周囲の方から「何を言いたいのかよくわからない」と言われてコミュニケーションに自信をなくしている方でも円滑にセッションを受けていらっしゃいますので問題ありません。

独りで頭を抱え込んでいるのは時間の浪費です!
エグゼクティブ・パーソナルセッションが
選ばれる3つの理由
選ばれる理由 - 1 -
相談したい時に、
あなたが今いる場所で相談できること

あなたが、ワザワザ交通費を使うことはありません。

エグゼクティブ・パーソナルセッションは基本的にzoom・電話を活用しています。

ネットが繋がるところ、電話ができるところにいれば。相談したいタイミングで相談できることがエグゼクティブ・パーソナルセッションが選ばれている理由です。

選ばれる理由 - 2 -
身近な他人に言えないような問題を、
自分のペースで解決していけること

「経営者の集まりには参加してるけど…こんなこと言ったら仲間にバカにされるかも」と言った、他人に言えないような悩みや問題をオープンにしやすい環境です。

また、セミナーなどの集合学習では「私は実践した!あいつはできていない」といった競争原理が働くことも多いのが現実です。

「競争にあまり向いていない」、「そういう空気が苦手だ」といった方も、自分のペースで問題に向き合っていけるのが、エグゼクティブ・パーソナルセッションが選ばれている理由です。

選ばれる理由 - 3 -
圧倒的な数の事例から導き出される
具体的なアドバイスを受けられること

「聞いてもらってスッキリした~」だけでも、一般的なお悩み解決であれば充分に価値があります。

しかし、エグゼクティブ・パーソナルセッションはビジネスを営む方を対象にしています。

スッキリしたところから、具体的な行動を明確にして実践していくことで、相談者、相談者の家族や従業員に対して意味を持つと考えています。

1,000の相談にのってきた圧倒的な数の事例から、相談者にとって最も取り組みやすく、効果の高い具体的行動を明確にし、お伝えしていることが、エグゼクティブ・パーソナルセッションが選ばれている理由です。

エグゼクティブ・パーソナル・セッション料金表
FAQ
60分を超えても問題が解決しない時は、お金は返金されますか?
60分を超えても問題が解決しない時は、お金は返金されますか?
Read More
サービスの特性上、原則として返金は致しかねますので、よく考えてからお申込み下さい。
経営者・経営幹部でなければ、セッションを受けることは不可能ですか?
経営者・経営幹部でなければ、セッションを受けることは不可能ですか?
Read More
基本的には経営者・経営幹部・役職者のためのセッションになっています。(経営者の家族、会社を良くしたい!良い仕事をしたい!という方は、役職がついていなくてもご相談して頂けます。)
事前に会社(お店)の状態を詳しくお伝えしておくことは可能ですか?
事前に会社(お店)の状態を詳しくお伝えしておくことは可能ですか?
Read More
お申し込み時にお悩みをご記入いただけます。
準備するものはありますか?
準備するものはありますか?
Read More
PC(ZOOMをダウンロードした) or お電話・ノート(筆記用具)をご用意ください。
電話でも大丈夫ですか?(インターネットの環境が悪いなど)
電話でも大丈夫ですか?(インターネットの環境が悪いなど)
Read More
大丈夫です。通話は相談者からかけていただきますようお願いします。
直接、お会いしてご相談することは可能ですか?
直接、お会いしてご相談することは可能ですか?
Read More
お電話、もしくはオンラインで一度でもご相談させていただいた方のみ、対面式のエグゼクティブ・パーソナルセッションをご案内しています。
社内の問題で、独りで頭を抱え込むのをやめませんか?

私は2016年から、本格的に経営者・経営幹部・ビジネスパーソンの相談に乗ってきています。それもほぼ毎日のように、です。

相談に乗っていて、強く感じたのは「みんな独りで(社内の人間関係の)問題を抱え過ぎている…」ということです。

さらに、人間関係の問題は病気と一緒だとも思うようになり、「病気と一緒なら、早期発見早期解決が一番良いのが当然」とも思ったのです。

しかし、経営者(幹部)が問題に向き合うのが遅く、いつの間にか問題を大きくしてしまうケースがとても多いのです。(これも病気と同じですね)

経営者(幹部)が悩みを放置して、
問題を大きくしてしまう3つのパターン
1. そもそも、問題に気がつけなかった
2. 問題に気がついてはいたけど、見て見ぬふりをしていた
3. 問題に対処しようとしたけど、対処の方法が間違っていた

3つのパターンのどれかにハマってしまうと、どんなことが起こるのでしょう?

問題の初期段階は、本当に些細なことです。

最初は二人の人間の間に「ちょっとした『誤解』があっただけ」だったとか、「話す機会が少なくなっていたね」という、本当に「たったそれだけ?」ということがスタートになっているのです。

しかし、気がついたときには時すでに遅し。

従業員から「あの~、ちょっとお話いいですか?」といった、離職の問題に発展したり、最悪の場合はレジ金を盗まれたりといった、横領の問題になってしまう……

なんてことが実際にあるのです。(その結果、社内に不穏な空気が流れ、業務に支障が出たり、売上が下降したり…悲しい結末が待っています)

shutterstock_118636819

ここで知って欲しいのは、3つのパターン全てに、経営者(幹部)が「独りで問題を抱えすぎてしまう」という心理が原因として隠れていることです。

信頼できる仲間や家族。

または、私のような人間関係に精通しているプロフェッショナルにサポートを依頼しておけば、問題が大きくなる、もっともっと遥か手前で対処できたのに!!

独りでいくつもの問題を抱えるうちに対処が難しくなってしまうのです。

shutterstock_790378813
① 自分の想いをわかってくれる人がいることを知り、
② 自分が感じている問題の「真の原因」がわかり、
③ 適切で具体的な行動がわかる  

「わかる」ことが増えていくと、安心できるようになります。  

このセッションは「会社を良くしたい!でもいま人間関係の問題を抱えていて、いきなり目標に向かって頑張る気にはなれない」と感じている経営者・幹部・ビジネスパーソンの方に、「頭も心もスッキリ」していただくためのセッションです。

独りで頭を抱え込んでいるのは時間の浪費です!
悩みから開放されるための、
上手なセッションの受け方
1. この重い気分をとにかくなんとかしたい。
2. 仲間にも話せていない、しんどい気持ちをわかってもらいたい。
3. 人間関係の問題をなるべく最小限でとどめたい。
4. 安心感を育みながら会社経営をしていきたい。
5. 問題が大きくなってしまった段階でのベストな対処法を知りたい。

『エグゼクティブ・パーソナルセッション』は、こんなことを感じている方のためのセッションです。

 セッションを通じて、頭と心をスッキリさせていくためには、ちょっとしたコツがあります。そのコツを3つほどお伝えします。

セッションの受け方  - 1 –

セッションを受けよう!と思った自分を認めてあげる

「セッションを受けてみようかな?」と感じているなら、それは「ただ悩んでいる状態」から抜け出すためにあなたが下した価値ある大きな決断です。

これまで、独りで問題を抱えてきた自分が「解決に向かおう!」と、歩みだしているわけですから、価値がないわけがありません。

また、「他者の力を借りる」というのは、それだけでその人自身の器を広げる行為です。「他者の力を借りられる人は、他者に力を貸すのが自然なこと」になっていくからです。 

そうなると、問題への対処がスムーズになり、問題をチャンスに変えていく力が徐々についてきます。

ぜひ、「セッションを受けよう!」と思えた自分を認めてあげてください。

セッションの受け方  - 2 –

セッションを受ける際には、

抱えている「問題」を1~3個ほど明確にしておく

60分間という限られた時間の中で、問題をクリアにしていきます。

そのため、いま感じている最大の悩みや違和感を書き出しておいて欲しいのです。

 書き出しておくことによって、セッション時間を有効活用し、最短であなたが感じている「社内の人間関係の問題」をクリアにしていくスタートを切ります。

※申込みの際にお悩みを記入する箇所があります。記入できそうならぜひ書き込んでみてください。

セッションの受け方  - 3 –

セッション中は自分の「本音」を大切にする

「本当は部下のことが『メチャクチャ嫌い』と思っているのに…そんなこと思ってはいけない。口にするなんて、絶対にいけない」

 

そう思い込んでいて、著名な経営者が言っていることやビジネス書にかいてあるような綺麗な言葉を並べてしまう経営者さんがいらっしゃいます。(これって、ご本人がすごくつらい状況です)

 

こういう状態に陥っている方は(私が知っている限りですが)、皆さん真面目で勉強熱心な方です。

 

真面目さと勉強した知識によって、自分の本音を否定して他の誰かになろうとしてしまうのです。これは、心に「鎧」を着けてしまっている状態です。
(「経営者の鎧」「幹部の鎧」「店長の鎧」などと呼んでいます。)

 

人間関係の問題をクリアにしていくというのは、この「鎧」を脱いでいくことでもあるのです。自分が学んできたことを自ら捨てるのは、初期段階ではとても勇気のいることですが、一歩を踏み出してください。

自分から笑顔になることを、自分自身に許可する

知識より優先すべきは、自分の気持ちです。

 

「自分の本音」を大切にしないと、これまであなたが学習してきた知識が活かされることはありません。

 

ぜひ、セッション中は本当の自分の気持ちを感じる意欲をお持ちください。

 

このページをご覧の経営者(幹部)の方は、独りで(社内の人間関係の)問題を抱えすぎないこと。

 

会社・従業員、そして自分自身のために、もっと楽な気分を味わうことを自分に許可してあげてください。楽な気分を味わうことは、決して悪いことではありません。

 

経営やマネジメントは、苦しむためのものではないのです。

 

本来は周囲の方(上司・部下・取引先・顧客・家族)と、喜びを分かち合うものなのですから。

あなたは決して独りぼっちではない

経営者・経営幹部の方がリラックスし、頭も心もスッキリする【60分でスタッフとの関係性を良くするための『エグゼクティブ・パーソナルセッション』】を受け、悩みを解決し、本当の自分を表現すればするほど!!

 

相談者を中心に、周囲の方にも「自由・平等・喜び」のある働き方にシフトするきっかけが生まれます。

 

あなたは決して、独りではありません。

困ったときに、一緒に感じ、一緒に考えてくれる人が必ずいます。

 

パーソナルセッションでは感じたことを誠実にシェアするので、時には厳しく感じられるアドバイスがあるかもしれません。

 

それでも、まずは私があなたの味方としてお話を聞きたいと思います。

独りで頭を抱え込んでいるのは時間の浪費です!